人に教えたくない育毛剤
*
ホーム > 育毛 > 血行不良と育毛の関係性

血行不良と育毛の関係性

頭皮を揉んでみて、固くつぱっている感じがしたら血行不良になっている可能性があります。

 

身体に摂取した栄養分は血液を通して、身体の隅々まで運ばれるので、血流の流れが滞ると頭皮に栄養分が届かなくなり、毛を作りだす働きのある毛母細胞にまで栄養が行き渡らないので抜け毛の原因になります。

 

また、頭皮の血行不良は薄毛や抜け毛の原因になるだけではなく、フケや痒み、べたつきの原因になり育毛を妨げるので注意が必要です。

 

育毛には頭皮の環境を整えターンオーバーを正常化することが鍵になります。

 

頭皮の血行が悪くなる原因には様々な理由が考えられますが、改善のためにはまず、日々の生活習慣を見直し、過度な喫煙や飲酒、睡眠時間の不足などを改善し、甘いものや油っぽい食事を控えビタミン類を多く含む野菜中心の食生活をすることが大切です。

また、ブラシを使用して適度な強さで優しくブラッシングを行うことも、頭皮全体の血管を刺激して血流を促すので育毛には有効です。指で頭皮を揉みほぐし、頭皮の血液の巡りを高め活発にすることも育毛にたいへん効果的です。

頭皮の血行が良くなると、栄養分が毛根にまで十分に行き渡るようになり、健康的で美しい髪の毛が育ちやすくなります。

 

ちなみに育毛剤や育毛サプリメントは血行を良くして、毛母細胞に栄養を行き渡らせるために作用する成分が含まれています。

特にサプリメントや内服薬は内側から作用するように作られているので、効果を実感できるものも多いようですが、副作用がある場合も多いので注意が必要です。

しかし最近では副作用の無いミノキシジルのような画期的な成分も開発されてきていますので、今後の育毛業界の進歩に期待したいところですね。